白馬のスキー場、登山、観光、宿泊ならスノーナビ

ホテル さいとう

HOME > 特徴のある宿選び > ホテル さいとう

ホテル さいとう 露天風呂付客室を持つ宿

1泊2食 10,900円~

1日3組限定のホテル

白馬五竜&Hakuba47方面からオリンピック道路を白馬八方尾根に向かって走る途中、左手に景色が開けて北アルプスがきれいに望めるところがあります。「ここに宿があればいいのに。」と思っていたまさにその場所に、ホテルさいとうが建てられました。
客室は「露天風呂付き和洋室」「ジャグジー付きアジアンスイートルーム」「ダブルルーム」の3室のみ。このうちアジアンスイートとダブルルームは組み合わせて部屋続きにし、デラックスルームとしても利用できます。
 
1日最大3組限定のホテルとして開業してはや10年。景色は変わらず雄大で、施設は手入れが行き届いて美しく、また、料理には素材から一層磨きがかかっていました。

地のもの旬のものを大切にした洋風懐石料理

信州牛(写真左)や白馬豚、日本海からの新鮮な魚介類。そしてホテル前の畑で採れる、キャベツ、ズッキーニ、ナス、トマト、タマネギ、トウモロコシといった高原野菜(写真右)。地のもの、旬のものを大切にしたこだわりの洋風懐石料理が提供されます。

広々としたゲストルーム

和洋室(写真)、アジアンスイートには2人でゆったりとつかれる広さを持つ浴室と、ミニキッチンを備えています。

新作「シーフードアクアパッツァ」

2018年9月中旬から新作の「シーフードアクアパッツァ」が登場します(※2019年3月頃まで)。エビ、アサリ、ホタテなど季節によって一番美味しい魚介類を使い、「是非スープの味を楽しんでいただきたい。」(by オーナーシェフ)一品です。

 

冬の間はレストランにある暖炉に毎日火がくべられます。もともとみそら野地区で30年以上プチホテルを営んでいた夫婦が、肩肘はらず目の行き届く範囲で作った宿だけに、開業8年目とはいえサービス面で熟成が進んでいます。その安心感は「大人のためのスローステイリゾート」というコンセプトにふさわしいものです。

 

[追加取材:2018年7月15日]

ホテル さいとう ホームページ

  • 〒399-9301
    長野県北安曇郡白馬村北城863
    ホテルさいとう
  • 0261-72-2177
  • チェックイン/15:00
    チェックアウト/11:00

オープン10周年感謝プラン13,000円~
季節の味覚プラン13,500円~
洋室ダブルベッドルームと季節の洋風懐石10,900円~
お部屋で食事“月見洋風懐石”16,000円~
お盆プラン14,500円~
一人旅平日プラン17,500円