白馬のスキー場、登山、観光、宿泊ならスノーナビ

栂池自然園・WOW!  レポート

HOME > トレッキングレポート > 白馬大池 / 晴 

白馬大池 / 晴2018.07.03

18070201_tsugaike九州、四国、中国、近畿、東海の各地方よりも早く、6/29(金)に関東甲信地方が梅雨明けしました。その直後から Hakuba Valley も夏らしい気温となり、前回取材時の6/22(金)から10日足らずの間に栂池自然園では残雪が急激に融けて、木々の緑が濃さを増していました。
[白馬大池への登山道・栂池自然園~天狗原]
18070202_tsugaike序盤の登山道は木陰が多いものの風が遮られて蒸し暑かったです。足元にはイワカガミとショウジョウバカマ、ウスバスミレが数多く咲いていました。天狗原に入ると風が抜けて、ひんやりとした空気が火照った身体を冷ましてくれました。雪解け水が増す湿原には点々とチングルマが咲いていました。
[白馬大池への登山道・天狗原]
18070203_tsugaikeまだまだ雪がたっぷり残る白馬乗鞍岳東斜面では、急勾配に加えて雪面が緩んでアイゼンを付けても滑りやすかったので、歩幅を狭くして慎重に登りました。途中で野ウサギやライチョウに出会い、心が和みました。
[白馬大池への登山道・白馬乗鞍岳東斜面]
18070204_tsugaike登り始めて約1時間半後となる10時20分に白馬乗鞍岳(標高2,469m)へ登頂しました。風に乗ってガスが小蓮華岳の稜線を越えて流れ込んで来ていました。ただし視界を奪うほどの濃さではなく、ひんやりとした微風が感じられました。
[白馬大池への登山道・白馬乗鞍岳山頂]
18070205_tsugaike時間を戻して、朝一番。ミズバショウ湿原では真っ青な空をバックに聳える白馬三山と、湿原一面に広がる緑に目を奪われました。ミズバショウはすっかり終盤に。さて、目的地の白馬大池へは白馬乗鞍岳山頂から西へ緩やかに下ってあと少しです。(※白馬大池登山レポートへ続く)。
[栂池自然園・ミズバショウ湿原]

 

[栂池自然園 オープン内容]
*営業期間 … 2018/6/1(金)~10/31(水)
*営業時間 … 8:00~(6/16~7/8の土日は7:30~、7/14~8/12の土日祝は6:30~)
*料金 … 栂池パノラマウェイ往復+入園料/大人3,600円、小人2,050円
早割券で大人3,220円、小人1,820円!
→7/2(月)~7/8(日)北安曇郡・大町市・糸魚川市在住の方は無料!

 

トレッキングレポート写真元素材をご希望の方へ
*当トレッキングレポートは天候や状況を見つつ週1~2回の更新となります。

 

reported by Snownavi

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
栂池自然園 天候 気温
8時半頃 晴れ +17℃
営業期間

2018年6月1日~2018年10月31日

お問い合わせ先

白馬観光開発:TEL.0261-83-2255
栂池高原観光協会:TEL.0261-83-2515

写真元素材ご希望の方へ