REPORTレポート

登山 トレッキングレポート

2022.06.30唐松岳/ 晴曇

今年2度目の登山レポは唐松岳です。グラートクワッドを降りて八方池、下の樺を通って丸山ケルンへ(※ここまでで約2時間半)。小休止のあと唐松岳山頂に向かいました。尾根伝いの登山道では冷たい西風が強くて、半袖だった登山者からは「寒ーい!」との声が聞かれました。
[唐松岳への登山道・丸山ケルン~唐松岳頂上山荘]

途中、左手の五竜岳(写真)の堂々たる姿に見とれることしばしば。声を掛けてくださった方が「今日は楽しみにしていた 唐松岳頂上山荘 に泊まります。もう少しで着きますね。」とお話しくださいました。丸山ケルンから唐松岳頂上山荘までは1時間弱です。
[唐松岳への登山道・丸山ケルン~唐松岳頂上山荘]

唐松岳頂上山荘付近では気温20℃を切る涼しさの中、立山連峰を眺めながらの休憩が最高でした。周辺には黄色のミヤマキンバイ(写真)や白いハクサンイチゲの生き生きとした姿が。クロユリも数は少なかったですがきれいに咲いていました。
[唐松岳への登山道・丸山ケルン~唐松岳頂上山荘]

山荘前から唐松岳山頂までは約15分。新潟県からの男性が「昨日、白馬大雪渓から登って白馬山荘に泊まりました。今日はこれから五竜山荘に向かいます。途中、爆風で飛ばされるかと思いました(笑)」とお話しくださいました。持参した風速計が最大8mを示していました。
[唐松岳への登山道・唐松岳頂上山荘~唐松岳山頂]

[唐松岳]
*所在地 … 長野県北安曇郡白馬村、富山県黒部市
*登山口 … 八方池山荘
*下山 … 八方池山荘
※入山の際には必ず入山届けを管轄の警察へ提出し、経験のない方は必ずガイドと同行ください。初心者のみの入山は絶対にしないで下さい。
※装備 … バックパック、雨具、ダウンジャケット、タオル、着替え、ザックカバー、水・食糧、持病薬、手袋、サングラス、日焼け止め、携帯電話等

登山レポートの写真元素材をご希望の方へ

 reported by Snownavi

2023年2月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

営業時間

お問い合わせ