REPORTレポート

志賀 ゲレンデレポート

2024.03.15215cm / 晴

全国のスキー場がシーズン終盤に差し掛かる中、志賀高原では「これから第2のトップシーズンが始まる」と言っても過言ではありません。日本で最も長いスキーシーズンを誇る横手山・渋峠スキー場(写真)は、今のところ5月下旬までの営業を予定しています。放射冷却が効いた今朝は-10℃まで冷え込み、2日連続の快晴となりました。
[渋峠・第1ロマンスリフト]

静岡県からのスキーヤーさん(写真)が「いつも見てます。昨日は焼額山と一の瀬エリアで滑っていましたが、良かったですよ。ここもとても滑りやすくて、ずっと回していたいです。」とお話しくださいました。コース幅一杯に圧雪が入った渋峠ゲミュートコース(写真)は適度に締まった絶好の粉雪コンディションでした。
[渋峠・ゲミュートコース]

横手山山頂でお会いした兵庫県からのご家族(写真)が「3/13(水)から志賀高原に滞在しています。あ、母は家で留守番ですw 昨日も今日も快晴で雪質も最高で、凄く良いですね!」とお話しくださいました。ウェイバーコースも適度に締まった粉雪の圧雪。スキーヤーズレフトの非圧雪部分も浅い起伏が柔らかくて滑りやすかったです。
[渋峠・ゲミュートコース]

横手山スキー場 では3/16(土)からの土日祝に 早朝営業 が行われ、第2スカイリフトが6時から動き出します(※大人3,000円、シニア・中高生2,500円、小学生2,000円)。横手山キングコース、第2ゲレンデも適度に締まった粉雪の圧雪。このあと焼き立てのパンの香りが漂って来た 横手山山頂ヒュッテ に来場者が次々に吸い込まれていきました。
[横手山・第3スカイリフト]
 
*記載の積雪量は「志賀高原での最多積雪量」としています。目下、横手山・渋峠と熊の湯の積雪215cmが最多です。

 
[3/15(金)のオープン内容]
*全面滑走可能(西館山大壁、白樺、ブナ、YAKEBI VALLEY、YAKEBI WALL、ゴンドラ迂回、イースト連絡、サウス連絡、横手山クイーン第5・第6、横手山ジャンボを除く)
*運行リフト … 横手山第2スカイ(8:45~) ほか全39基
*リフト料金 … 1日券 大人7,500円、中高生・60歳以上6,400円、小学生3,700円(4/1~春割 大人6,500円、中高生・60歳以上5,900円、小学生3,200円)

*今季の志賀レポは週2ペースで更新します。
ゲレンデレポート写真元素材をご希望の方へ
 
 
reported by Snownavi

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
積雪天候気温
215cm (+0cm) -10.0℃

営業期間

営業期間

2023年11月3日 18日~2024年5月下旬 17日

お問い合わせ

志賀高原索道協会

TEL.0269-34-2588

志賀高原観光協会

TEL.0269-34-2404

熊の湯スキー場

TEL.0269-34-2166

焼額山スキー場

TEL.0269-34-3117

奥志賀高原スキー場

TEL.0269-34-2225