REPORTレポート

白馬八方尾根 レポート

2023.05.31八方尾根 / 晴曇

信州の夏は八方抜きでは語れません!尾根伝いに切り開かれた八方池(標高2,060m)へのトレッキングコース=八方尾根自然研究路、その先の唐松岳(標高2,696m)への登山道ともに、素晴らしい眺望と多種の高山植物に恵まれ、それでいて距離や勾配が適度なので、山の魅力を気軽かつ存分に味わえます。夏山に興味をお持ちなら、まず最初にお越し頂きたいところです。
[黒菱林道]

ラニーニャ現象の収束もあって特に3月以降に融雪が急速に進み、白馬山麓は残雪が少ない状態で春を迎えました。八方アルペンライン(=八方ゴンドラ+アルペンクワッド+グラートクワッド)の6/3(土)の夏期営業を前に八方尾根自然研究路の様子が気になり、八方池へ。例年なら残雪が多く残る第2ケルン~八方ケルン間(写真)でも、他の区間と同様に雪を踏むことはありませんでした。
[八方尾根自然研究路・第2ケルン~八方ケルン]

高山植物の開花も例年より早く進んでおり、ユキワリソウ(写真)、ミヤマアズマギク、ハルリンドウ、ショウジョウバカマ、ホソバツメクサが見られました。八方ケルンで一休みすると涼しい南西風に汗が冷やされ、西から広がってきた薄雲に日差しが遮ぎられたことで一気に寒くなったためジャケットを羽織りました。
[八方尾根自然研究路・八方ケルン~八方池]

車でまだ閉鎖中の黒菱林道を通ってカフェテリア黒菱前まで行き、そこからハイクアップして約2時間で八方池に着きました。残雪の蓋が池に乗っていましたが、例年に比べると水の見えた部分が1~2割と多かったです。八方尾根自然研究路ではオープン初日から軽アイゼンは必要ありません。
[八方尾根自然研究路・八方池]

 
[八方尾根自然研究路 オープン予定]
*期間 … 2023/6/3(土)~6/4(日)、6/10(土)~11/5(日)
*時間 … 八方アルペンラインは8:00~(※7/8以降早朝運行あり)
*料金 … 八方アルペンライン往復/大人3,300円、小学生2,100円、未就学児無料
(※未就学児は同伴の大人1人につき1人無料)→早割券で大人2,950円、小人1,800円!(チケット売場窓口での引換の必要なし!ゴンドラ改札口へ直接お持ち下さい)
  
*今季の八方レポは週1~2回更新します。
レポート写真元素材をご希望の方へ
   
reported by Snownavi

2024年3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
8時半頃天候気温
八方池 +14.0℃

営業時間

八方尾根自然研究路

2023年6月3日~6月4日、6月10日~11月5日

お問い合わせ

白馬観光開発

TEL.0261-72-3280

八方尾根観光協会

TEL.0261-85-2870

お得な早割リフト券