REPORTレポート

志賀 ゲレンデレポート

2023.03.30150cm / 晴

4/1(土)から2ヵ月に渡る志賀高原の春スキー期間を前に、昨日は横手山・渋峠(標高1,750~2,305m)、今日は一の瀬ダイヤモンド・山の神(同1,600~1,710m)、明日はジャイアント・丸池・サンバレー(同1,325~1,602m)と、標高の異なる3エリアをレポします。尚、蓮池は3/29(水)に終了しており、丸池、東館山、西館山、発哺ブナ平、タンネの森は3/31(金)に、サンバレーとジャイアント、一の瀬山の神は4/2(日)に終了します。
[一の瀬ダイヤモンド・ダイヤモンドゲレンデ]

快晴のもと朝一番の東南向きのダイヤモンドゲレンデ(写真)は良く締まったザラメコンディション。粗い圧雪でしたが強い日差しと高い気温ですぐに緩み始めたため、エッジを引っかけることなく滑れました(※圧雪部分に土やブッシュはなし)。ラビットコースでは新潟市ジュニアスキーチーム(写真)がポール練習を行っていました。
[一の瀬ダイヤモンド・ラビットコース]

京都府からご来場の2家族の皆さん(写真)が「いつも見てます!昨日から2泊して滑っています。志賀高原には雪がたっぷりあって良いですね!」とお話しくださいました。一の瀬山の神のモンキーコース(写真奥)とかもしかコースでは緩んだ層が厚めでしたが、板が走ってくれました。
[一の瀬ダイヤモンド・ダイヤモンドゲレンデ]

今日は団体さんの練習に合わせてダイヤモンドクワッドが定刻より15分早く動き始めました(※一般来場者も乗車可)。面白いことに、早い時間帯は一の瀬ダイヤモンドが彼らのウォーミングアップで活気づきましたが、ポール練習が始まるとセパレートエリア以外は空いて、向かいにある一の瀬ファミリーがどんどん賑わって来ました。その後も人が少なかった一の瀬ダイヤモンドと山の神では伸び伸びと滑れました。
[一の瀬ダイヤモンド・ダイヤモンドゲレンデ]

 
[3/30(木)の営業内容]
*全面滑走可能(蓮池A、蓮池ジュニア、丸池A、西館山大壁C、ワールドカップC上部、東館山オリンピックC上部・中部、パーフェクターC、ブナC、スーパージャイアントスラロームC、イーストC、オリンピックC、ミドル連絡C、ミドルC、パノラマラインC、横手山第2G(林間)・(道路回り)、クィーン第5・第6、ジャンボCを除く)
*運行リフト … 一の瀬ダイヤモンドクワッド(8:15~)ほか全38基
*リフト料金 … 1日券 大人6,500円、中高生・60歳以上5,600円、小学生3,200円(4/1~春割 大人5,500円、中高生・60歳以上5,100円、小学生2,700円)
 
志賀高原のホテルはこちら
 
ゲレンデレポート写真元素材をご希望の方へ
 
reported by Snownavi

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
積雪天候気温
150cm (+0cm) -2.0℃

営業期間

営業期間

2023年11月3日 18日~2024年5月下旬 17日

お問い合わせ

志賀高原索道協会

TEL.0269-34-2588

志賀高原観光協会

TEL.0269-34-2404

熊の湯スキー場

TEL.0269-34-2166

焼額山スキー場

TEL.0269-34-3117

奥志賀高原スキー場

TEL.0269-34-2225